2017年3月20日月曜日

アーノルドパーマーInvitationalからKingを偲んで。

BayHillで開催されたKing亡き後のAPInvitationalは、オージーのM.リーシュマン選手が
逆転勝利で自身2012年トラベラーズ選手権以来のPGAツアーキャリア2勝目
となった。そして今大会通して、アーノルド・パーマー氏の偉大さを改めて
痛感させられるトーナメントウィークであった。

パーマー氏の孫でサム・ソーンダース選手が決勝ラウンドに進めなかった
ことが非常に残念だったが、パーマー氏不在の中注目され、そのプレッシャー
は他の者には解る術もないが、今後の活躍を期待したい。

ソーンダース氏はインタビュー記事の中で、ゴルフ指導者の存在はなく、
プロに転向してからパーマー氏のアドバイスを受ける様になったと回想する。
そして、自身の携帯にパーマー氏の写真が保存してあり、自身のスイングと
比較すると類似する部分が多くあると言う。

ゴルフスイング動作は人が行う動作であり、他の動作と同じで人それぞれに
その動作には特徴がある。
外見や動作は、遺伝するわけだからゴルフスイング動作も遺伝しても
なんら不思議ではないだろう。
では、パーマー氏と孫のソーンダース選手のスイング動作を比較して
どこに共通点があるのか検証してみよう。







パーマー氏のスイング動作で代名詞と言えば、ハイフィニッシュになる。
私自身、このスイングを見た時の衝撃は今でも忘れられない。
このスイングの迫力は何なんだ!と真似したが、形だけ取り入れても
何も結果は変わらずに意味もなかった。

パーマー氏は腕力が強く、バックスイングからも推察出来るが、フックボール
を防止する策として出来上がったフィニッシュであろう。
スイングテンポも速く、テンポの速さは日常動作と共通するので
じっとしては居られない性分だったのではないかと思う。
バックスイングの左足の動きが大きいのは、重たいクラブしかなかった
時代の特徴で、自然と身に付いたと考えられる。
現代は子供用にクラブがあるので、子供が重たいクラブで練習する必要が
なくなったことから、スイング動作も無理することはなくなり、個性的な
スイング動作も少なくなり、動画などで他人のスイングを見る機会も多い
から、その影響が動作にどの様に表れるかは興味深いところではある。

パーマー氏のバックスイングとフィニッシュは時代を反映している
部分と必然的に形成された動作で、時代からして誰かを手本にした
事もないのではないか。

ソーンダース選手は偉大な人物の血筋に生まれ、ゴルフを始めた頃から
周りからの期待やプレッシャーで、少年時代は反発しただろう。
しかし、アイドルはパーマー氏で指導者がいなかったのもパーマー氏
を超える存在などいないので、他人のアドバイスなど耳には入らないだろう。
ソーンダース選手の言うそっくりな部分は、一番感覚的になる部分である
インパクト前後の動作で、真似したわけではないであろう。
彼のスイング動作はオーソドックスで癖がなく、バランスの良いスイング。
ハイフィニッシュにすれば、重ね合わせることが出来るだろう。
ハイフィニッシュにはなっていないが、フィニッシュで割と早く
前傾姿勢を起こす動作や目標の見方は同じと言える。
パーマー氏のように、少し首を傾ける仕草が入ればそっくりである。

ゴルファーなら誰しも、憧れたり真似してみたりするスイング動作は
あると思う。
しかし、部分的に真似ても動作中に意識する部分が多くなるだけで
大した効果は得られない。
やはり、ゴルフの本質はゴルフクラブの扱いと、飛球に対する意識で
スイング動作はそれを反映した動作に過ぎず、特に動作を分解して
パーツを意識して繋ぎ合わせても意味がない。
スイングテンポやリズムにしても普段の生活のリズムも動作に反映されるので
自分のリズムやテンポを知ることが大事だと思う。

パーマー氏の孫ではなく、サム・ソーンダース選手としての
活躍を今後期待しよう。

2017年3月13日月曜日

Valspar選手権で見た持ち球

今週のPGAツアーは、起伏の激しいイ二スブルックリゾートが舞台となった。
スネークピットと呼ばれる上がりホールでは、目が離せない展開となった。

FinalRoundの後半は最終組の2選手によるデッドヒートとなり、カナダ出身の
キャリアがPGAカナダ2勝、Web.comツアー2勝で今シーズンは史上8人目となる
50台をマークして好調のアダム・ハドウィン選手が1打差で逃げ切った。
そんな今シーズン好調なハドウィン選手とのデッドヒートを演じたのは
アマチュア時代には輝かしい戦歴で、プロ転向後はケガなどで苦しんだ
アメリカの若手パトリック・キャントレー選手だった。
16番でハドウィン選手のダブルボギーでタイに並んだが
18番のセカンドショットをガードバンカーに入れて、
バンカーショットが少し深く入りショートして涙を呑んだ。

勝敗を分けるファクターは1つではないが、今回は大詰めでバンカーショットを
2回ミスしたキャントレー選手と、ティーショットで逆球となり池に入れ
ダブルボギーで追いつかれたハドウィン選手。
展開としては、キャントレー選手に流れが向きチャンスだったはずが
同じようなミスを繰り返したことで自ら流れを絶ってしまった感がある。
ゴルフはゲーム性が非常に強いスポーツ。
勝負事には欠かせない流れがある。
トーナメントプロだけではなく、スコアアップを達成していくには、ミスを
繰り返さない事が重要なカギとなる。
そんなことを感じさせてくれる試合展開であった。

そして、もう一つ興味深かったのが両選手のゲーム運びが対照的だった事。
それは、両選手のティーショットで打つ飛球が違っていたからである。
ハドウィン選手はティーマーカーの左端を使ってドロー系。
キャントレー選手は中央から右端を使ってフェード系。
結果的にセカンドショットも両サイドに分かれている場面が多かった。
では、この飛球の違い持ち球は、ゴルフスイング動作にどの様に表れるのか
動画で考察してみよう。


ハドウィン選手




キャントレー選手



両選手のゴルフスイング動作にどのようは違いが見て取れるだろうか。
違いを見るには、飛球の違いを理解しなければならない。
左に曲がるフック系の飛球と右に曲がるスライス系の飛球では
ボールに対するクラブヘッドの入射角度とボールとターゲットラインに
対するクラブヘッド軌道とボールにクラブフェイスがコンタクトする前
のクラブフェイスの向きが反対となる動作をする必要がある。

腕の使い方の違いで、クラブヘッドの入射角に違いが出ている。
バックスイングでの腕の運動量が、キャントレー選手のが多く
フォロースルーでの腕の運動量が、ハドウィン選手が多い。
なぜそうなるかは、バックスイングでの右腕の使い方が違うため
に、それ以降の動きにも違いとなって飛球に影響される。

体幹の動きではキャントレー選手は、スイング中に横の動きがなく
バックスイング時には左肩の下がりが大きく重心はどちらかと言えば
下に移動している。
この動きから読み取れるのは、クラブヘッドの軌道がバックスイングで
ターゲットライン上を長く移動できている。
ハドウィン選手のバックスイングはコンパクトだが、腕の動きに比べ
体幹の動きが大きい。
動作の違いによって、ターゲットライン上のクラブヘッド軌道に違いが出る。

そして、バックスイング時のクラブフェイスの動きがハドウィン選手に比べ
キャントレー選手は開くタイミングが早い。
フェイスアングルのコントロール方法が違うことがわかる。
また、フォーロースイングでは、ハドウィン選手はクラブを横に収めているが
キャントレー選手は、ハドウィン選手に比べクラブの動きが縦になっている。

以上の事から入射角度、クラブヘッド軌道、フェイス開閉のタイミングの違い
があり、両選手は結果として飛球の違いとなっている。

スイング動作には個性があり、その個性は普段の動作に通じる。
身体の特徴などもあり、関節の可動範囲は大きく影響する。
また、イメージやゴルフの練習、プレー状況にも関係してくる。
ゴルファーは自分自身の動作上の癖を把握して、どのような飛球が
合っていてよいイメージが出来るのか知ることが上達には必要であろう。

2017年3月6日月曜日

今週のトーナメント展望(スイングの過去と今)

2016-2017シーズンWGCの初戦は松山選手、2戦目はD.ジョンソン選手の優勝で
幕を閉じた。
リビエラで行われたジェネシスオープンでは大量リードで最終ラウンドを迎え
逃げ切り優勝となったが、今回はWGCの重みと混戦の中、後半は苦しい我慢の
ゴルフでの勝利となり、今後のD.ジョンソン選手はT.Wに変わる活躍を予感させ
る内容だったと思う。

2017年2月27日月曜日

The HONDA Classic FinalRound

決勝ラウンド突入でポールポジションから、FinalRoundティオフした
リッキー・ファウラー選手。
フロント9では、2バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの苦しい展開。
Day3の好調さが消え失せ、ちょっとやばい展開。
バック9では、踏みとどまり逃げ切り4勝目を挙げたファウラー選手。
そんな状況の中、スコアを伸ばしファウラー選手を脅かす存在となったのが
巨漢の飛ばし屋、ゲーリー・ウッドランド選手。

2017年2月26日日曜日

HONDA LPGA タイランド 2017

2006年からLPGAツアー公式戦として、タイランドで開催される今大会。
過去の優勝者には、2010年に宮里藍選手がいる。

エイミー・ヤン選手が大会レコードにて、大会2勝目で幕を閉じたが
2011-2012と絶頂期のヤニ・ツェン選手が2連覇を達成している。
今回取り上げる選手はタイランドのヒロイン、ジュタヌガン姉妹。

2017年2月20日月曜日

2016-2017ジェネシス・オープンから

リビエラC・Cで行われたジェネシス・オープンは、ダスティンジョンソン
選手の圧勝で幕を閉じたが、今回の気になる選手として取り上げるのは
D.ジョンソン選手と最終日に同組だった2選手をウオッチしてみる。

2017年2月19日日曜日

ISPS Handa ワールドスーパー6を終えて

タイガー・ウッズ選手がツアーから姿を消してしまうかもしれない。
故障だけではなく、気持ちの問題があるかもしれない。
多くのゴルフ関係者にとって今後の動向が気になるところだが・・。

2017年2月12日日曜日

MaybankマレーシアFinalRound

クアラルンプールで行われたアジアンツアーとヨーロピアンツアー共同開催となる
マレーシアナショナルオープンとなるメイバンクマレーシア。
Round3終了時点の4打差をフロント9で追いつかれた2016年マスターズチャンプの
イングランドのダニー・ウィレット。FinalRoundはスイングがしっくりこない
様子が画面から伝わってきた。FinalRoundスコアを伸ばすことが出来ずに
終わったが、マスターズの勝利、ヨーロピアンツアー4勝のスイングを分析。

2017年2月11日土曜日

Maybank選手権での注目選手は?!

マレーシアのSAUJANAG.Cで開催されている今週のメイバンクマレーシア。
マレーシアのナショナルオープンとして1962年に初開催され、
1999年からアジアンツアーとヨーロピアンツアー共同開催となる。
アジアンツアーの中でも歴史のある大会で、アジアンツアー出身で世界的に活躍
するのがタイ出身のトンチャイ・ジェイディーである。

2017年2月6日月曜日

ウェスト・マネージメントPhoenixOpen Playoff

2017フェニックスオープンの相手は、ウェブ・シンプソン。
2012年にはU.Sオープンを制したメジャーチャンプ。
2014年を最後に優勝からは遠ざかっている。

少し癖のあるスイングを見てみよう。

2017年2月5日日曜日

オメガDubaiDesertクラッシック FinalRound

エミレーツGCはRound3に引き続き快晴で、穏やかな気候。
気候から推測すれば、誰かが大きくスコアを伸ばして、ガルシア選手脅かせば
ゲームとしては面白い展開となるのだが、どうだろうか序盤はガルシア選手が
一人旅状態となっている模様。

2017年2月4日土曜日

オメガDubaiDesertクラッシック Day3 

Day2途中でサスペンデッドとなったドバイデザートクラッシックの舞台である
エミレーツGCは、日本の太平洋クラブと姉妹提携を締結し、太平洋クラブの会員は
このコースを利用可能となった。
Day1で単独首位に立ったガルシア選手がスタートする時間には、風が強くてスコアを伸ばす
のは難しいと思ったが、幸いに5番で中断となり、Day3へ持ち越しとなった。
Day3は天候も回復し、穏やかな気候の中スコアを伸ばしたガルシア選手は、2位の同胞の
N.エルビラ選手とは3打差で、Day3をティオフ。
トーナメントで勝利するには運が必要と言われるが、ガルシア選手は既に勝利を
引き寄せているのかもしれない。

2017年1月29日日曜日

コマーシャルBankカタールMasters FinalRound

韓国男子ゴルフ界の新鋭の淡々としたプレーぶりは、ヨーロピアンツアー初優勝から
1年経過していないが、前しか見ていないようだ。
スタートホールから2連続バーディで後続を突き放しにかかったが、J.バンザイル選手
も3連続バーディで食い下がる。
南アフリカのバンザイル選手は、優勝経験がなく、ヨーロピアンツアー最高位は2位が
4回で2001年にプロ転向した37歳。
ワン選手はRound3ホールアウト後のインタビューで、アイアンが好調なことと、ノーボギーで
回れたことが嬉しいとのコメントであったが、今大会は3日間でボギーが3回。
驚くことに、バンザイル選手は、3日間でボギーが初日に1回だけである。
ここが、勝負の別れ所で、先にボギーにした選手が勝利から見放されるかも。

2017年1月28日土曜日

コマーシャルBankカタールMasters Day3

ドーハG.Cでは、先週に引き続き中東で正に熱い戦いが繰り広げられている。
ヨーロピアンツアーらしく国際色豊かで、現時点でトーナメントリーダーの選手から
8位の選手までの国旗が全て違う。このリーダーボードに日本国旗がないのが何とも
寂しい気分であるが、もっと日本選手の多くがこのツアーに目を向けてほしい。

誰が出てくるのか解らない、昨今のゴルフプロツアー事情であるが、ドーハでも未知数な選手が
Day3でリーダーボードのトップに躍り出た。

2017年1月22日日曜日

Abu Dhabi HSBCチャンピオンシップ FinalRound

最終日のアブダビは、風が強く誰が勝つのか全く予想できない。
状況から察すれば、スコアを伸ばす選手でも5アンダーといった所だろう。

忍耐強い選手が、勝利の扉を開くであろう。
最終組は、スタート時トーナメントリーダーのT.ハットン選手、D.ジョンソン、P.ララザバル選手。
混戦状態なら、最終組より後続の選手が勝つ可能性があるかもしれない。

Round3でスコアを伸ばすことが出来なかった、M.カイマー選手はその筆頭となるだろう。
K.アフィバーンラト選手はどこまでスコアを伸ばせるか、執念が増せればチャンスはあるだろう。

2016年シーズンにヨーロピアンツアー初勝利を挙げて、更なる飛躍が掛かる2勝目に
手が届くのか、T.ハットン選手。
サンシャインツアーからヨーロピアンツアー初勝利で、スターダムのきっかけを掴みたい
南アフリカのD.バーメスター選手は、BMW SAオープンの雪辱なるのか。

2017年1月21日土曜日

Abu Dhabi HSBCチャンピオンシップ Round3

南アフリカから舞台を中東に移し、始まった中東シリーズ。
アブダビ~ドーハ~エミレーツで開催される。

今回の舞台は、世界で多くのゴルフ事業を展開するTroon Golfが管理するアブダビGolfClub
ゴルフマガジンの世界トップ100にも入る、美しいゴルフコースなんだろう。

マーティン・カイマー選手が単独リーダーで迎えた、決勝ラウンド。
2008、2010、2011年と過去にこの大会で3勝。
そんなカイマー選手も、2014年の自身2回目となるメジャータイトル
U.Sオープンから優勝がない。

2016年シーズンは、優勝争いに絡むことなく低迷している。
一時期的とはいえ、世界ランキングトップになった選手が、苦しんでいる。
過去に3回優勝した、アブダビで復活のきっかけを掴みたい所であろう。

2017年1月15日日曜日

BMW SA Open FinalRound

ヨーロピアンツアー2017初戦、南アフリカで繰り広げられるFinal Round。
最大の見所と、多くのゴルフファンの期待は、最終組だろう。
ローリー・マキロイ選手は、2017年のスタートにヨーロピアンツアーを選択した。
使用クラブを一新して臨む大会は、まだまだ手探りだろうが、落ち着いたプレー
を展開している。

FinalGroupのトーナメントリーダーG.ストーム選手とマキロイ選手のスタート時の差は
3打差。フロント9でマキロイ選手はノーボギー、3バーディ。
一方、ストーム選手は、ノーボギー、1バーディで1打差となりバック9へ。

グレイム・ストーム選手は、イングランド出身の38歳。
プロ転向は2000年で、ヨーロピアンツアーで1勝、2007年にフランスのル・ゴルフ
ナショナルで開催されるフランスオープンで初優勝。
チャレンジツアーで2勝しているが、ランキング70位前後の中堅選手。

13番Par5で、マキロイ選手は、セカンドショットをロングアイアンで2オン。
イージーバーディで、ストーム選手を捉えた。

2017年1月14日土曜日

BMW SA OPEN Round3

2017年シーズンのヨーロピアンツアー初戦は、あまり知られていないと思うが、歴史ある
南アフリカから始まった。世界最古のナショナルオープンと言えば、ゴルフファンであれば
ジ・オープンと知っているだろうが、2番目に開催されたナショナルオープンが南アフリカ
オープンだったとはあまり、関心がないと言った所かもしれない。
1893年に開催されたわけだが、日本で最初に行われた、日本プロが1926年。

南アフリカで行われているのがサンシャインツアーで、1997年からこの南アフリカオープン
はヨーロピアンツアーとの共催となった。
大会ホストとなったアーニー・エルス選手からのお誘いで、2017年シーズンの初戦となった
ローリー・マキロイ選手に注目が集まっているが、サーの称号を与えられた、ニック・ファルド氏
も2014年以来の出場で、50代最後のレギュラーツアーで予選通過が期待されたが
トータル1オーバーで、通過とはならなかった。
大会ホストのエルス選手もイーブンパーで、メジャーチャンプで南アフリカ出身の
レティーフ・グーセン選手もトータル7オーバーで、元気なく予選落ちとなった。

2017年1月9日月曜日

SBS Tournament of チャンピオンズ FinalRound

この選手に、心理的プレッシャーは関係ないかもしれない。

10番で、ボギーが先行したJ.トーマス選手は、続く11番Par3で、ティショットを1メートル以内に
付けるショットを披露してくれた。
ショット後のボールの行方を、嬉しそうに見る姿は、仲間内のコンペのようだ。
松山選手もこのホール、ロングパットを沈めてバーディ。
2位タイに浮上し、トップとの差は4打差。

フロント9を2位で折り返した、ウィリアム・マクガート選手は、バック9で沈んだ。
10番、12番でダブルボギーとして、ここから立ち直るのは難しいだろう。
 2004年にプロ転向し、2011年からQスクールを経てPGAツアーへの
参戦を果たした、37歳のW.マクガート選手。
今大会出場は、2016年のメモリアルトーナメントでの優勝で初めて手にした。
ジャック・二クラウス氏ホスト大会のメモリアルと言えば、松山選手が
PGAツアー初勝利を挙げた大会。
二クラウス氏が見守る中での勝利は、ゴルファーとして感慨深いものがあるだろう。
そんな、マクガート選手に今大会盛り上げてほしかったが、マクガート選手の
お茶目な、ファンサービスは日本人選手にも見習ってほしい。


PGAツアーでは、中堅の選手だが、個性的なスイング動作をする選手が
多いのも、世界最高峰のツアーの特徴でもある。

SBS Tournament of チャンピオンズ FinalRoundフロント9速報

15年以上に渡り開催されてきた、カパルアでのトーナメントオブチャンピオンズで
頂点に達する条件とは何であろうか。
3日間終了時点で、トーナメントリーダーのJ.トーマス選手のスコアは18アンダーだった。

Final Roundも天候に恵まれ、スコアが伸び、20アンダー越えは、確実と見られる。
上位選手はバーディを取っていかなければ勝負から取り残される。
距離が出て、尚且つ、フェアウェイキープが90パーセント近くなければ気後れしてしまう。
上位選手は、3日間でボギーが2回しかない、共通点がある。
1Roundで1ホールしかボギーが、許されないのが条件かもしれない。