2017年4月27日木曜日

Valeroテキサスオープンで見たこれからの主流スイング?!

先が見えないカオスに戻ろうとする時代が反映しているのか?!
マインドフィットネスや瞑想などの”こころ”に目を向ける
方法論が注目されている。

プロフェッショナルゴルファーでもビジネスパーソンでも心が病めば
気力はなくなり、それが続けば、やがて何も手につかなくなる。

そこに至る原因は人それぞれだろうが、今まで楽しめていた行為が
楽しめなくなれば、興味を失いその行為から遠ざかってしまう。

ビジネスパーソンでも仕事に興味が持てなくなれば
生活に関わってくる。
楽しくないことを続けていれば、やがて心が荒んで病んでしまう。

ツアープロの場合であればスコアに現れ、成績に直結する。
F.カプルス、J.デーリー、T.ウッズ、S.ガルシア、R.マキロイ選手など
多くの選手が私生活が原因で成績に影響を及ぼしている。
スター選手は表沙汰になりやすいが、成績が急下降する場合は
そんな裏事情が原因となっている事が多いのではないか。

Valeroテキサスオープンでは、PGAツアー参戦180試合目に
初優勝したのが、30歳のケヴィン・チャペル選手。
一部の記事には、兄の死を乗り越えての勝利とあった。
その事実がどこまで、チャペル選手の心に影響したのかは
解らないが、勝利後の会見ではこれまでに優勝を諦めたことは
なかったのかという質問に対して

”優勝を何度逃してもいつかは勝てると思ってやってきたが、愉しめ
なくなっていた。今回は最後まで愉しむことが出来たことが大きい”

楽しむ行為は、感情が支配しているので、人それぞれ何に対して
その感情が芽生え、継続するのかは比べることは出来ない。
だが、どの分野でも諦めることなく続けるには
他人から見て楽しそうに見えるのではなく人目を気にせずに
心から湧き上がる感情で”愉しむ”ことが重要であるとチャペル選手の
ウィニングパット後の姿を見て感じた。

今後のチャペル選手の活躍が楽しみであるが、プレーに対する
心の在り方だけではなく、スイング動作を見ても
ある選手と共通する部分があり、それが今後主流となる
スイング動作となる気がするので検証してみよう。





コンパクトなスイング動作で、一般ゴルファーが真似をしたら飛距離が
でなくなる恐れがあるが、注目したいのが首の使い方とインパクト以降
の左腕の使い方である。
そして、チャペル選手同様の首と左腕の使い方をする選手が
ジョーダン・スピース選手。





バックスイング動作から切り返しにかけては、チャペル選手がコンパクト
になるが、バックスイング中も意識は目標方向にあり、その動作は首の
動きに現れている。

スピース選手の正面からの動画を見れば明らかだが、セットアップ時に
背骨は一直線ではなく、胸椎に対して頚椎は少し傾いている。
この傾きにより、バックスイング時に腕の上がりすぎるを防ぐ役割をして
スイング動作を立体的にイメージする事が可能となる。

地面に対して並行となるようにボールを見ているつもりでも実際には
目線が傾いているゴルファーは多い。
一般的にトップと言われる所が安定しないので、切り返しのタイミング
を掴むことが出来なくて、切り返しで迷いが生まれてしまう。
スイング動作全般で迷いが生じれば、高確率で結果はミスとなる。

切り返しが定まらない原因は、目線の傾きであり、目線の傾きは
首の動きによって生じる。
ゴルファー自身は気が付かないので対処しようがない。

”スムーズにスイングする”ここに焦点を当てればインパクトではなく
初動と切り返しが全てと言える。

2つ目の共通点は左腕の使い方。

フェースローテーションでボールを捉える。
手の返し、前腕のローテーションが当たり前の時代から
レッドベター氏が提唱したことで、腕や脚を抑える
動作が主流となった。

今でも手を返す返さない、腕をローテーションするしないと
両方の意見が散見されるが、それはゴルファーが抱えている
症状によって変わるし、クラブによっても変わる。

一昔前は、セットアップ時〜バックスイング〜インパクト
までは左肘(右利きの場合)はまっすぐに伸ばすのが理想。

この論理には根拠がなく、見た目が良いからとの理由しかない。
レジェンドたちで肘が曲がっていたのは、カルビン・ピート氏
(身体的理由)と杉原輝雄氏ぐらいであった。
本質を見極めない比較多数主義の社会となれば仕方がないだろう。

一般的なレッスンでは、インパクト以降の肘の曲がりを嫌う。
肘が曲がる現象を指摘しただけでは、改善しない。
多くの回答は腕に力が入りすぎで、体幹を使っていないから。

スピース選手を見れば、セットアップでは伸びていた左肘が
バックスイング途中で曲がり、その後も曲がり続けてインパクト
以降は曲がりが大きくなるのが解る。

一昔前であれば、矯正される可能性が高く、インパクトでは左肘を
身体に向ける動きが必要とされた。
この動きは自然ではなく、肘に負担がかかる。
脇を締めて肘を回転させれば、腕に力が入る。
タイミングよく出来ないゴルファーは、飛球が安定しないので
肘で引っ張ることでクラブスピードを上げる。
上体が目標に向くスピードより腕のスピードのが早いので
肘が引ける事になる。

肘関節に負担が掛からないから、それで飛球が安定するならば
何も問題はない。

チャペル選手のバックスイングはスピース選手より、顎を目標方向
に向ける意識が強いので切り返しのタイミンが早く
インパクトまで左肘の曲がりはない。
インパクト以降の左腕の使い方は、スピース選手と同じである。

最近のスイング動作の主流となってきているのは、インパクト
の直前に左肘が緩む(曲がる)動作である。

R.ファウラー、石川遼選手などが代表で若い選手に多くなっている。

昔は常識だった動作は、ゴルフクラブやボールの進化により
非常識に変わりつつある。
どこかが上手く機能しなければ、どこか違う部位が機能するのが
人の身体である。

レジェンドの中にも2選手と同様なスイング動作をする選手がいる。
キャディから軍人、クラブプロでの賭けゴルフ生活からツアープロ
に転身した、リー・トレビノ氏。



目標に対する意識がボールストライキングの素晴らしさ
スイングが簡単に見えてしまう動作の反復性を生み出す。
感性だけでスイング動作を構築してメジャーチャンプまで上り詰めた
トレビノ氏。ドロー系が有利とされるマスターズだけ勝てずに
グランドスラマーになることが叶わなかった。
マスターズの最高位が10位タイ。

マスターズに勝利するために、ドローを身につけたが勝利には至らなかった
と聞く、オーガスタナショナルはハイドローが必要という。
トレビノ氏が身に付けたのはロードローだった。

2017年4月20日木曜日

LOTTEChampionshipで見た成功と人間性

ゴルフは紳士、淑女のスポーツと言われてきた。
ゴルフはスポーツの中でも、人間形成に役に立ち、一般的には
審判は存在せずにルールに於けるジャッジは、プレーヤー自身が
行わねばならないことから、自身を律するには最適と信じられてきた。
以前、日本プロゴルフ協会所属の選手が、スコアの意図的な過少申告
によって協会から資格剥奪、永久追放を受けた事件があった。

この選手は、飛距離が注目されアマチュア時代から期待された選手で
鳴り物入りでプロ入りを果たしたが、周りの証言からアマチュア
時代からその疑いがあったと指摘されていた。
周りの過度な期待からなる失態と考えられていたが、近年ジュニア
ゴルファーは、親の期待でスコアを気にする選手が多いと聞く。

集団社会の中で生活する人間には、ルールが必要でありそのルール
を守ることで秩序を保てることは、大人であれば理解出来る。

団体競技であれば、競技上のルールだけではなく、チームの中にも
チームワークを高める上での暗黙のルールが存在する。
それに適応出来ずに、個人競技を選択する人もいるだろう。

「人間は一人では生きていけない」
若い世代の中には、そんな事はないと反論する人もいるだろう。
何かを売らない限りは生活出来ないことに気付いて、初めて理解出来る。
現代社会では完全なる自給自足生活は物理的に不可能で、直接的でなく
とも生活する上で必ず他人と関わることになる。

ベストセラーとなりテレビドラマ化された「嫌われる勇気」が発端で
アドラーブームとなったと言われた。

誰かに好かれたいとの気持ちを持って行動するのは、人として
自然な行為であると思うが、嫌われて喜ぶ人は少ないだろう。
本質は、好かれたい嫌われたくないではなく、如何に考えるかで
相手の判断は、その言動の結果として受け入れるしかない。

今週のLPGAツアーLOTTEChampionshipで3日間ノーボギーで完璧
といえる内容のPlayで単独首位で最終日を迎えた、韓国のJang選手。

単独リーダーで2位とは3打差でティオフした。
1番、3番でバーディとし、順調な滑り出しだったがFront9の途中
から前の組との間隔が空きだし、警告を受けたあたりからリズムが
崩れ出し、Playの決断が早くなる場面が見受けられた。

Jang選手とは対象的に優勝したC.Kerr選手は”自分の世界に入って
Playする”との公言通り、全く意に介さないPlayぶりなのが
テレビ画面を通しても判る程だった。

解釈の仕方によって変わるが、ふてぶてしくもあり強かでもあった。
経験の差といえばそれまでであるが、自分をコントロールする術は
経験値だけでは語れないのではないだろうか。
Kerr選手はJang選手に追いつくまでの、グリーン上は強気で
どんな距離でもカップしか見えてない様子であった。
そして、相手が崩れだして、追いつき追い越すと一転して
慎重となりグリーン上で無理をしなくなった。
勝者たる所以は、そのセルフコントロールにあるように感じた。

阪急阪神東宝グループ総帥であった清水雅氏は生前に
「悪いことができない人より、悪いことができて悪いことをしない人が
成功する。」という名言を残した。

オリンピック選手として活躍した為末大氏は対談で
”スポーツの世界っていうのは、自分が一番になるというのがすべての
目的で、有名な人がするスピーチの殆どは、I have a dreamから始まる。
決してWeからでも、Theyから始まることはなく、自分がなんでそれを
したいのか、自分が欲しくてしょうがないものが何かを追求する。”
と説明している。     〜ログミーから引用〜

勝負の世界であるから、時に無情で隙きを見せれば相手に付け込まれる。
勝負の世界と一般社会に適応する考えには乖離する何かがあり
メンタルは考え方で一つで変わり、”心の在り方”は鈍感になれば
強かになれるのか?!そんな事を考えさせられる試合内容だった。


今回取り上げる選手は、強かには見えないが上手いと感じさせる
日欧で活躍するPlaystyleの似た選手を比較してみる。
2011年には、ワールドランキングNo.1となり2012,2013年
宮崎で開催されるダンロップフェニックスを連覇した
ルーク・ドナルド選手。
RBCヘリテージでは、大会2日目にトップタイとなり2013年以来の
勝利が期待されたが、3日目にスコアを伸ばせずに惜敗した。

PGAツアーに遅れて開幕戦を迎えた東建では、大会3日目に
トップと2打差の単独2位に浮上した藤田寛之選手。
2014年以来の勝利を期待されたが、最終日にスコアを
伸ばすことが出来ずに4位タイに終わった。











両選手共にゴルフゲームをショートゲームを要として組み立てる点は同じで
藤田選手はドナルド選手が日本に来日した時には、参考にしたいと言っていた。
では、スイング動作にはどこに共通点とどんな相違があるだろうか?!

スイング動作は、ゴルファーがどんな飛球によってゲームを進行するかに
よって左右される。
よって、持ち球が右に曲がるのか左に曲がるのかで動作に違いが出る。
ドナルド選手はドロー系、藤田選手はフェード系を持ち球とする。

セットアップ時のクラブの角度に相違が見られる。
ドナルド選手はドライバーのシャフトが構えた時に地面に対して
垂直となっているが、藤田選手は少し傾いている。
クラブのフェイス角度も藤田選手は少しロフトを立てて構える。
後方からの映像では、ドナルド選手と藤田選手とでは構えた時の
クラブのライ角度が異なる。
ドナルド選手は、クラブヘッドをボールにセットアップする時に
クラブヘッドのヒール寄りでセットアップする。

動作では下半身の使い方が違う。
ドナルド選手はバックスイング時にはあまり股関節を使うことなく
インパクトでは、力を上に使って瞬発力を利用する。
藤田選手は、股関節を大きく使いインパクトも瞬発力ではなく
引く力によってボールにエネルギーを伝えている。
この使い方の違いによってクラブヘッドの入射角と反射角が変わり
飛球結果へと反映されることとなる。

持ち球を変えることは、非常に困難で時間が掛かる作業となる。
セットアップを変更するのは、イメージを変えることで人には
特有のイメージがあり、左右の選択一つとっても好みが出る。
プロフェッショナルゴルファーや上級者が持ち球と逆の飛球が出る
事を嫌う理由は、好みを変えるのは、短時間で変えることが
出来ないことを十分理解しているからである。

見た目が似てると言えども藤田選手にはドナルド選手のスイングは
何の参考にもならないだろう。
持ち球のイメージはフルスイングだけではなく、ショートゲームにも
反映される。
パッティングでも得意のラインがある様に、得意のラインも
持ち球と同じとなる場合が多い。

フィニッシュの見た目が同じだからと言って似たスイングとは言えない。
スイング動作は、飛球結果の鏡であり飛球方向によって
イメージが出来上がり、動作に反映される好例と言えるだろう。

2017年4月12日水曜日

Mastersで見た”タメ”の法則

早すぎる死だった・・・。54歳で天に召されたスペインの英雄ほど
この人の真似は出来ないと感じさせたプロフェッショナルゴルファー
はいないだろう。しなやかで、アグレッシブで美しいスイングの持ち主。

2017年4月5日水曜日

ANAインスピレーションで見た飛距離の法則

今週開催された、LPGAツアーメジャー初戦はなんとも後味の悪い
展開となり、どのツアーでも抱える問題点が浮き彫りとなりルール
の大幅改正を控えているとは言え、トーナメント運営の
在り方が問われる問題となり今後も尾を引く予感がする。

2017年3月29日水曜日

WGCマッチプレーから見たゴルフゲームの本質

ゴルフトーナメントに於いて、アメリカのPGAツアーが世界最大規模であり
世界をリードするゴルフ市場であることは揺るぎない。
今やゴルフトーナメントはショービジネス化して、ギャラリーやメディアは
視聴者を引き付ける魅力的なマネージメントを模索する。

2017年3月20日月曜日

アーノルドパーマーInvitationalからKingを偲んで。

BayHillで開催されたKing亡き後のAPInvitationalは、オージーのM.リーシュマン選手が
逆転勝利で自身2012年トラベラーズ選手権以来のPGAツアーキャリア2勝目
となった。そして今大会通して、アーノルド・パーマー氏の偉大さを改めて
痛感させられるトーナメントウィークであった。

2017年3月13日月曜日

Valspar選手権で見た持ち球

今週のPGAツアーは、起伏の激しいイ二スブルックリゾートが舞台となった。
スネークピットと呼ばれる上がりホールでは、目が離せない展開となった。
FinalRoundの後半は最終組の2選手によるデッドヒートとなり、カナダ出身の
キャリアがPGAカナダ2勝、Web.comツアー2勝で今シーズンは史上8人目となる

2017年3月6日月曜日

今週のトーナメント展望(スイングの過去と今)

2016-2017シーズンWGCの初戦は松山選手、2戦目はD.ジョンソン選手の優勝で
幕を閉じた。
リビエラで行われたジェネシスオープンでは大量リードで最終ラウンドを迎え
逃げ切り優勝となったが、今回はWGCの重みと混戦の中、後半は苦しい我慢の
ゴルフでの勝利となり、今後のD.ジョンソン選手はT.Wに変わる活躍を予感させ
る内容だったと思う。

2017年2月27日月曜日

The HONDA Classic FinalRound

決勝ラウンド突入でポールポジションから、FinalRoundティオフした
リッキー・ファウラー選手。
フロント9では、2バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの苦しい展開。
Day3の好調さが消え失せ、ちょっとやばい展開。
バック9では、踏みとどまり逃げ切り4勝目を挙げたファウラー選手。
そんな状況の中、スコアを伸ばしファウラー選手を脅かす存在となったのが
巨漢の飛ばし屋、ゲーリー・ウッドランド選手。

2017年2月26日日曜日

HONDA LPGA タイランド 2017

2006年からLPGAツアー公式戦として、タイランドで開催される今大会。
過去の優勝者には、2010年に宮里藍選手がいる。

エイミー・ヤン選手が大会レコードにて、大会2勝目で幕を閉じたが
2011-2012と絶頂期のヤニ・ツェン選手が2連覇を達成している。
今回取り上げる選手はタイランドのヒロイン、ジュタヌガン姉妹。

2017年2月20日月曜日

2016-2017ジェネシス・オープンから

リビエラC・Cで行われたジェネシス・オープンは、ダスティンジョンソン
選手の圧勝で幕を閉じたが、今回の気になる選手として取り上げるのは
D.ジョンソン選手と最終日に同組だった2選手をウオッチしてみる。

2017年2月19日日曜日

ISPS Handa ワールドスーパー6を終えて

タイガー・ウッズ選手がツアーから姿を消してしまうかもしれない。
故障だけではなく、気持ちの問題があるかもしれない。
多くのゴルフ関係者にとって今後の動向が気になるところだが・・。

2017年2月12日日曜日

MaybankマレーシアFinalRound

クアラルンプールで行われたアジアンツアーとヨーロピアンツアー共同開催となる
マレーシアナショナルオープンとなるメイバンクマレーシア。
Round3終了時点の4打差をフロント9で追いつかれた2016年マスターズチャンプの
イングランドのダニー・ウィレット。FinalRoundはスイングがしっくりこない
様子が画面から伝わってきた。FinalRoundスコアを伸ばすことが出来ずに
終わったが、マスターズの勝利、ヨーロピアンツアー4勝のスイングを分析。

2017年2月11日土曜日

Maybank選手権での注目選手は?!

マレーシアのSAUJANAG.Cで開催されている今週のメイバンクマレーシア。
マレーシアのナショナルオープンとして1962年に初開催され、
1999年からアジアンツアーとヨーロピアンツアー共同開催となる。
アジアンツアーの中でも歴史のある大会で、アジアンツアー出身で世界的に活躍
するのがタイ出身のトンチャイ・ジェイディーである。

2017年2月6日月曜日

ウェスト・マネージメントPhoenixOpen Playoff

2017フェニックスオープンの相手は、ウェブ・シンプソン。
2012年にはU.Sオープンを制したメジャーチャンプ。
2014年を最後に優勝からは遠ざかっている。

少し癖のあるスイングを見てみよう。

2017年2月5日日曜日

オメガDubaiDesertクラッシック FinalRound

エミレーツGCはRound3に引き続き快晴で、穏やかな気候。
気候から推測すれば、誰かが大きくスコアを伸ばして、ガルシア選手脅かせば
ゲームとしては面白い展開となるのだが、どうだろうか序盤はガルシア選手が
一人旅状態となっている模様。

2017年2月4日土曜日

オメガDubaiDesertクラッシック Day3 

Day2途中でサスペンデッドとなったドバイデザートクラッシックの舞台である
エミレーツGCは、日本の太平洋クラブと姉妹提携を締結し、太平洋クラブの会員は
このコースを利用可能となった。
Day1で単独首位に立ったガルシア選手がスタートする時間には、風が強くてスコアを伸ばす
のは難しいと思ったが、幸いに5番で中断となり、Day3へ持ち越しとなった。
Day3は天候も回復し、穏やかな気候の中スコアを伸ばしたガルシア選手は、2位の同胞の
N.エルビラ選手とは3打差で、Day3をティオフ。
トーナメントで勝利するには運が必要と言われるが、ガルシア選手は既に勝利を
引き寄せているのかもしれない。

2017年1月29日日曜日

コマーシャルBankカタールMasters FinalRound

韓国男子ゴルフ界の新鋭の淡々としたプレーぶりは、ヨーロピアンツアー初優勝から
1年経過していないが、前しか見ていないようだ。
スタートホールから2連続バーディで後続を突き放しにかかったが、J.バンザイル選手
も3連続バーディで食い下がる。
南アフリカのバンザイル選手は、優勝経験がなく、ヨーロピアンツアー最高位は2位が
4回で2001年にプロ転向した37歳。
ワン選手はRound3ホールアウト後のインタビューで、アイアンが好調なことと、ノーボギーで
回れたことが嬉しいとのコメントであったが、今大会は3日間でボギーが3回。
驚くことに、バンザイル選手は、3日間でボギーが初日に1回だけである。
ここが、勝負の別れ所で、先にボギーにした選手が勝利から見放されるかも。

2017年1月28日土曜日

コマーシャルBankカタールMasters Day3

ドーハG.Cでは、先週に引き続き中東で正に熱い戦いが繰り広げられている。
ヨーロピアンツアーらしく国際色豊かで、現時点でトーナメントリーダーの選手から
8位の選手までの国旗が全て違う。このリーダーボードに日本国旗がないのが何とも
寂しい気分であるが、もっと日本選手の多くがこのツアーに目を向けてほしい。

誰が出てくるのか解らない、昨今のゴルフプロツアー事情であるが、ドーハでも未知数な選手が
Day3でリーダーボードのトップに躍り出た。

2017年1月22日日曜日

Abu Dhabi HSBCチャンピオンシップ FinalRound

最終日のアブダビは、風が強く誰が勝つのか全く予想できない。
状況から察すれば、スコアを伸ばす選手でも5アンダーといった所だろう。

忍耐強い選手が、勝利の扉を開くであろう。
最終組は、スタート時トーナメントリーダーのT.ハットン選手、D.ジョンソン、P.ララザバル選手。
混戦状態なら、最終組より後続の選手が勝つ可能性があるかもしれない。

Round3でスコアを伸ばすことが出来なかった、M.カイマー選手はその筆頭となるだろう。
K.アフィバーンラト選手はどこまでスコアを伸ばせるか、執念が増せればチャンスはあるだろう。

2016年シーズンにヨーロピアンツアー初勝利を挙げて、更なる飛躍が掛かる2勝目に
手が届くのか、T.ハットン選手。
サンシャインツアーからヨーロピアンツアー初勝利で、スターダムのきっかけを掴みたい
南アフリカのD.バーメスター選手は、BMW SAオープンの雪辱なるのか。