2017年1月29日日曜日

コマーシャルBankカタールMasters FinalRound

韓国男子ゴルフ界の新鋭の淡々としたプレーぶりは、ヨーロピアンツアー初優勝から
1年経過していないが、前しか見ていないようだ。
スタートホールから2連続バーディで後続を突き放しにかかったが、J.バンザイル選手
も3連続バーディで食い下がる。
南アフリカのバンザイル選手は、優勝経験がなく、ヨーロピアンツアー最高位は2位が
4回で2001年にプロ転向した37歳。
ワン選手はRound3ホールアウト後のインタビューで、アイアンが好調なことと、ノーボギーで
回れたことが嬉しいとのコメントであったが、今大会は3日間でボギーが3回。
驚くことに、バンザイル選手は、3日間でボギーが初日に1回だけである。
ここが、勝負の別れ所で、先にボギーにした選手が勝利から見放されるかも。


5番まで4つのバーディでワン選手と1打差まで詰め寄ったバンザイル選手だったが、
6番で先に3パットでボギーとしてしまった。


バンザイル選手のスイング動作の特徴は、バックスイングからフォワードスイング
への切り返しで左手関節を屈曲させる(左手首を手のひら側に曲げる)動作が
強いことで、ダスティンジョンソン選手などに見られる。
それとバックスイングの腕の動きに比べ、フォローでの腕の動きが縦に動いていること。

この腕の動作は、スライスが直らないゴルファーには有効で、アッパーブロー
の動作になりやすい。
ただし、気を付けなくてはならないのが、アイアンで同じ動作をすれば、ダフリ、トップ
打点位置がフェイス面のトゥ寄りとなり距離が出なくなる恐れがある。
バンザイル選手は、インパクトからフォローの初期は腕が縦に振られ、
後半はクラブを横に収めることで調整している。
パーシモンヘッド時代のツアープロに多かった動作は、フィニッシュまで腕を縦に振る動作で
飛球の高さを出すためには必要な動作だった。

今のクラブは、その必要がないので複雑な動きのようだが、練習の過程で自然と
フィニッシュでクラブを横に収め、体幹に負担が掛からないようになったと思われる。

ゲームは後半に差し掛かり、動き出してきた。
フランス新鋭の元全英アマチュアチャンプのランガスクエ選手(21)ではなく
2007年にチャレンジツアーでの優勝経験しかない中堅選手で、ヨーロピアンツアー
でもあまり実績がない、フランスのM.ロレンゾベラ選手が16番の短いPar4でイーグル奪取で
ワン選手を捉えたが、続く17番で短いパーパットを外し、一歩後退。
優勝のない選手の限界なのか、最終18番セカンドショットがグリーン手前の池に。

ワン選手は、1,2番連続バーディの後はパーが続き、苦しいゲーム運び。
14番Par4で、セカンドショットをグリーンオーバーし、寄せ切れずにここでボギー。
単独トップを維持してきたが、4名の選手がトップタイに。
ワン選手、ロレンゾベラ選手、バンザイル選手にスウェーデンのJ.ラガーグレン選手。
ここにきて、雰囲気的にはプレーオフが濃厚。

コース上は、風が強くなってきており、経験の差がでるかも。
トップグループでJ.ラガーグレン選手がホールアウトしてTOTALスコア‐16
ワン選手が、16番の短いPar4で2㍍弱のバーディパットを決めてガッツポーズのスコア‐17
再び単独トップに。
だが、続く17番Par3でグリーンを右サイドに外し、寄せ切れずにツーパットのボギー。
最終ホールPar5を残し、ホールアウトしているラガーグレン選手、フロント9のボギー
1つで耐え忍ぶバンザイル選手、そしてワン選手が並ぶ。

最終ホールは2オン可能なので、バーディパットを決めて最終組のどちらかが優勝か
両者がバーディでプレーオフか、両者ともにパーで3人でプレーオフか。

体格は良いが飛距離の出ないバンザイル選手はフェアウェイウッドでグリーン奥へ。
ワン選手は残り217yardをアイアンで、グリーンサイドのバンカーへ。
両者ともに難しいアプローチが残った。
ワン選手寄せ切れず、バンザイル選手はダフッてグリーンに乗っただけ。

ワン選手5メートル程のバーディパットを、後ひと転がりでストップ。
ラガーグレン選手、ワン選手、バンザイル選手TOTALスコア‐16でPlay-Off!

PLAY‐OFF
No.1 18Hole
ラガーグレン:Driver~フェアウェイセンター244yardアイアン~グリーン右サイドバンカー
ワン:Driver~フェアウェイセンター240yardアイアン~グリーンオーバー
バンザイル:Driver~フェアウェイセンターから264yardハイブリット~グリーンオン

ラガーグレン:バンカー~7㍍を2パット
ワン:グリーン奥~1㍍弱入れてガッツポーズ!
バンザイル:ファーストパット残り2㍍弱セカンドパット入らず

Congratulations WANG!ヨーロピアンツアー3勝目

来週は、中東にT・W参上!

0 件のコメント:

コメントを投稿

ゴルフトーナメントの感想を共有しましょう!